Artist / CHRISTIAN RIESE LASSEN BIOGRAPHY


lassen

1956年3月11日カリフォルニア州メントシーノ生まれ。
クリスチャンは紙と鉛筆を手にした時から、生まれ持っての才能を発揮した。
画家であり、クリスチャンに多大な影響を与えたクリスチャンの母、キャロルは、「彼の絵はまるで百科事典の挿絵のようだった」とその幼少時を振り返る。クリスチャンは、部屋を抜け出しては、何時間も絵を描くことに費やしたという。
「彼はとても静かな少年だった」キャロルは回想する。
「私たち家族はこの子の将来は一体どうなるのかと案じたものでした」

1967年クリスチャン11歳の時に家族と共にハワイ諸島マウイ島へ移り住む。
マウイ到着2日目にはすでに初めての波に乗っていた。サーフィンを通して、母なる海に抱かれたクリスチャンは、その美しさ偉大さに魅了され、その実体験と彼の目に映る世界を描き始める。
彼の絵はすぐに人の目を引いた。
カメカメハIII小学校へ通う傍ら、いくつかのイルカの絵を地元のギフトショップへTシャツのデザインとして提供した。また、校内でも新聞やポスターとしての作品の提供を定期的に依頼された。クリスチャンの想像力を育んだラハイナの景色は特に人気だった。
美術の専門教育を受ける事は一度もなく、全てを独りで学んだ。

グレイジングテクニックー平らな面に何度も色を重ね、層を作り、絵に奥行きを作る事で三次元の世界を描き出す方法ーが、彼の見る世界を限りなくリアルに表現すると気付いたクリスチャンはさらに上のレベルを常に求め、無意識のうちにトップアーティストの道を歩き始めていた。


lassen

絵を描くこと以外で彼を虜にしたのはサーフィンだった。
クリスチャンは17歳で、サーフィンマガジンの表紙を飾っている。
波に乗り、彼を取り囲む美しい自然をキャンバスに描き、その作品を売ることで、クリスチャンの生活は満たされていた。
高校卒業後、サーフィンの腕がプロの域に達したクリスチャンは、さらに大きな波を求め、1974年にオアフ島ノースショアへ移り住む。

そこでサーフィンワールドカップチャンピオンのマークリチャードと共に生活。
サーファーとしての頂点を極めたマークとの生活は、クリスチャンのサーファーと、そして選ばれたアーティストとしての可能性と好奇心をさらに伸ばしていった。

その後、20代を通してサーフィンと絵画に没頭。彼のアートに関する集中力とエキセントリックな情熱は常人のものではなかった。



なぜ彼はそこまでアートに打ち込むことが出来たのか?
それは、彼の最高の理解者であった母キャロルの言葉、”Self Reliance(自己依存、独立独行)”が終始彼を支えていたからだ。
クリスチャンは自分の美を表現し、追及し、そして創造することも休むことはなかった。クリスチャンは自分を信じていたのだ。


lassen

そして20代後半、絶え間のない努力と、持って生まれた才能が熟した時、アーティスト クリスチャン・リース・ラッセンは地元ハワイだけではなく、世界中から注目されるようになる。
1985年ラッセン自らプロデュースするラッセン・アート・パブリケーションズを設立。
”OUR WORLD”を代表とする、初版の一連の風景画は、クリスチャンの予想を遥かに上回る大ヒットとなり、第2、第3のリミテッドエディションー限定版画ーがリリースされる。
特に日本で、クリスチャンの絵画は、理想的な世界、最高に調和のとれた自然環境を描いた作品として広く受け入れられた。
その結果クリスチャンは、その後3年で日本でのベストセラー画家となる。

アーティストとして成功する一方で、クリスチャンは、自分が主題として描く自然環境の保護に関心を持ち始める。
「海は、全てを、限りない愛情を、私に与えてくれた」母なる海からの愛情に答えるため、1990年、シービジョン財団を設立。
この財団を通して、クリスチャンが製作する作品の収益金の一部を、地球環境保護に役立てている。
日本海重油流出事件の際、援助金を送ったことは、日本でも報道された。
「これから何等かの形で海に報いる事が私の義務なのだ」

1992年海中、陸上、そして宇宙のバランスを描いた「サンクチュアリー」が、国連の海洋保護キャンペーンの記念切手として発行されたことは、クリスチャンが海洋保護論者で、芸術家である、と世界に認められた結果である。
また、それまで数々の画家が、TWO WORLDー海中と陸上ーを描いてきたが、その調和の大切さ、意味深さを世に知らしめたのはクリスチャンが最初といえる。

1996年ホノルル市は、3月2日を「ラッセンの日」と制定。1998年には、国連親善大使に任命された。
そして1999年クリスチャンが主演した「私は地球ーI am the earthー」が、日本全国の小学校で上映された。クリスチャンは映画の中から、日本の子供たちに地球の大切さを説いた。


「私は、私の絵が、環境破壊の現状を広く世に知らせ、お互いの文化に対する偏見を解く手助けをすると信じている」クリスチャンはメッセージを送り続ける。私たち人間が存在する限り、それは受け継がれていくだろう。